3Dポイント

3Dポイントについて

3DポイントはLive2Dモデルに3D空間上の情報を付与する点の総称で、物理点、マーカー、衝突判定(3D)の3つがこれに該当します。

これらは3Dポイントパレットに表示され、そこで名前や表示状態、ロック状態などを管理することができます。

物理点

物理点は「物理演算機能」によるシミュレーションや「シーンエディタ」でキーフレームを設定することによって3D空間上をアニメーションさせることができる点です。

「物理点編集ツール」を用いてビューポート上で作成でき、物理点同士を結ぶ「リンク」によって親子関係を構築することで3Dモデルにおけるボーン構造に似た枝分かれ構造を作ることができます。

作成済みの物理点は「3Dポイントパレット」に表示され、ドラッグ&ドロップで親子関係を変更できます。

枝分かれ構造のルートとなる物理点は常に「接続ジョイント」と連動し、これに対して子の物理点の追加以外の変更や削除を行うことはできません。

これ単体では意味を持ちませんが、アートメッシュと紐づけることで様々な作用をもたらすことができます。

詳細については、『物理点』を参照してください。

マーカー

マーカーはモデリングの際に目印として使うことに特化した3Dポイントです。

パラメータXYに応じて3D的な動きをするため、様々な角度から見たアートメッシュのキーフォームを編集する際の目安として役立たせることができます。

マーカーは「マーカーツール」によって作成でき、色や大きさを設定できたり任意のマーカー同士を線で繋げることでループ形状や立体形状を表現することもできます。

マーカーは目印としての機能しか持たないため、アートメッシュと紐づけて作用したり、物理演算やアニメーションに影響を与えたりすることはありません。

詳細については、『マーカー編集ツール』を参照してください。

衝突判定(3D)

衝突判定(3D)は3Dモデルに衝突判定を付与するための3Dポイントで、常に3Dモデルのジョイントと連動して動きます。

衝突判定(3D)は「作成」メニューの「衝突判定(3D)を一括生成」で作ることができ、作られた衝突判定(3D)同士は「物理点ツール」や「3Dポイントパレット」から親子関係を作ることができます。

単体では球状の判定を持ち、他の衝突判定(3D)と親子関係を作ることでカプセル状の判定を持つこともできます。

親子関係は単に判定の形状を決めることにのみ使われ、親に連動して子が動くようなことはありません。

物理点に衝突判定を設定した状態でアニメーションさせることでお互いが持つ衝突判定同士がぶつかり、めり込みなどの干渉がなるべくおこらないような動きをするようになります。

(「揺れ幅の上限」が設定されていたり、回転の種類が「固定」になっているものはその設定が優先されるため、干渉を完全に回避する訳ではありません)

衝突の判定は物理点のものと3Dモデルのものでのみ行われ、物理点同士、3Dモデル同士では行われません。

衝突判定の設定は「詳細パレット」から行うことができます。

衝突判定の詳細については、『物理演算機能』を参照してください。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.