Cocos2d-xサンプルのビルド

[最終更新 2018/06/29]

このページでは、Live2D Cubism 3 SDK for Nativeに同梱しているCocos2d-xのサンプルプロジェクトを、Visual Studioでコンパイルするまでのチュートリアルになります。

 

ダウンロードするもの

Live2D Cubism 3 SDK for Native

SDK本体です。「公式ダウンロードページ」からダウンロードします。

Cocos2d-x 3.1.16

SDKで利用しているライブラリです。

Python2.7

Cocos2d-xのインストールに使用します。

Visual Studio

今回使用する開発環境です。言語はC++を利用します。

 

インストール作業

1、Visual Studio

統合開発環境をインストールします。
C++がコンパイルできるように設定してください。
また、Visual Studio 2015以降を利用してください。

 

2、Python2.7

Cocos2d-xのインストールのためにPython2.7をインストールします。
Visual StudioにもPythonはありますが、コマンドプロンプトで動作しないことがあるので個別にインストールします。

 

3、Cocos2d-x

コマンドプロンプトでCocos2d-xを展開したフォルダに移動したあと、

と、入力します。

 

ビルド

[ルート]SamplesCocos2d-xcocos2d-x」にCocos2d-xの中身をコピーします。

その後「[ルート]SamplesCocos2d-xDemoproj.win32」にある「Demo.sln」をVisual Studioで開きます。
問題がなければソリューションウインドウには下のような画像が出ているはずです。

問題がなければソリューションのビルドを行いましょう。
このビルドはCocos2d-xのビルドも含むため、かなり長い時間かかります。

 

実行

ビルドが無事成功したら、デバッグで実行してみましょう。

このような大きな画面がでてくれば成功です!

 

ウインドウのサイズを調整する場合には、「AppDelegate.cpp」の24行目の値を変更してください。
24行目をコメントアウトして25行目を有効にする形でも大丈夫です。

もう一度ビルドして実行してみましょう。

このとき「ソリューションのリビルド」ではまた最初のビルドのように時間がかかるため、
Demoのビルド」を選択してください。

何らかの問題でリビルドしたい時には「プロジェクトのみ>Demoのみリビルド」を選択することで比較的短時間でリビルドが終了します。

designResolutionSizeの生成時の入力サイズを1024,768へ変更すると下にあるようにウインドウサイズが変更されます。

 

うまくいかない場合

Coco2d-xのフォルダコピーが失敗している

プロジェクトを開いたときに、下のようなダイアログがでたり、ソリューションウインドウが利用不可とでているときは、
Cocos2d-xのフォルダをコピーする位置が間違っている可能性があります。
再度確認してコピーしましょう。

Copyright © 2018 Live2D Inc.