シーンブレンド

シーンブレンドでは、複数のシーンをブレンドして再生することができます。

例えば、数パターンの「表情」や「上半身の動き」「下半身の動き」などを別のシーンに分け、組み合わせて再生することが可能です。
プレイリスト機能も実装され、組み合わせを変えたシーンの連続再生もできるようになりました。

cmo3・can3連携設定を使用すると、服替えを行う場合など、複数のモデルでcan3のシーンを使いまわせるかを確認することできます。
他のモデルで作ったシーンをパラメータのIDが同じである場合に、値を適用して再生することが可能です。

 

シーンブレンド設定画面について

シーンブレンド設定画面は以下のようになっています。

番号 項目 詳細
メインメニュー シーンブレンド設定画面のメニュー項目です。
再生バー
ビューエリア
プレイリストを再生します。
ビュー上のモデルをドラッグするとポインタを追従します。
Space + 左クリックのドラッグでキャンバスの移動ができます。
※シーン再生中も動作します
シーン一覧 Animatorで作成したシーンとシーングループで追加したシーングループを一覧で表示します。
プレイリスト シーンとシーングループのプレイリストを作成します。
上から順番に再生されます。
シーングループ 複数のシーンをブレンドしながら同時に再生します。

 

メインメニュー

編集メニュー

項目 詳細
元に戻す Ctrl+Z 最後に行った操作の直前の状態に戻します。
やり直す Ctrl+Y [元に戻す]で一段階戻る前に行った操作を実行します。

 

物理演算メニュー

物理演算設定時に使用するメニューですので、シーンブレンドでは使用しません。
物理演算設定エディタの詳細については「物理演算設定エディタについて」の頁をご参照ください。

 

シーンブレンド

項目 詳細
cmo3・can3連携設定 Viewerを開く際に紐付いた、cmo3ファイルとcan3ファイルの連携を
切り替えます。
また、シーンやプレイリスト、シーングループの設定を上書きしない
ようにリードオンリ(読込みのみ)で紐付けることがきます。※ここでのcmo3とcan3の紐付けした設定は一時的な情報として設定
されるため、ファイルへは保存されません。エディタ上で読み込まれているファイル:

現在エディタ上に読み込まれているアニメーションファイル
(can3)を一覧で表示します。複数ある場合は選択が可能です。

ファイルを参照する:

エディタで開かれていないアニメーションファイル(can3)を
参照し、エディタで開くことができます。ファイルは、ロード
ボタンを押した時にエディタ上で開かれます。

リードオンリ:

編集の必要はなく、シーンの再生を行いたい時にこのオプション
にチェックを入れることで、GUIでの設定を抑制します。
監修済みのファイルを確認したい場合などに、誤ってプレイリス
トを変更してしまうなどのミスを防止できます。

ロード:

シーンを読み込むファイルのラジオボタンの状態に合わせて、
紐付けるモデルのコンボボックスの内容を更新します。
ファイルを参照する場合は、指定されたアニメーションファイル
をエディタ上で開きます。
リードオンリが設定されている場合は、指定されたアニメーショ
ンファイルをエディタ上で開きますが、Viewerを閉じたタイミン
グでファイルを閉じます。

紐付けるモデル:

1つのシーン内に複数のモデルが存在する場合、紐付けるモデル
を変更することができます。

 

プレビュー

項目 詳細
当たり判定の設定 設定した [当たり判定] が赤色の枠として視覚化され表示されます。
アートメッシュのIDを「HitArea」とした場合、物理演算・シーンブレンド設定のビューエリアに表示されるようになります。
カーソル追従 ビューエリア内のモデルをなぞるようにドラッグすると、モデルが
カーソルを追従するような動きになります。
自動まばたき 自動でモデルにまばたきをさせます。
まばたきは、モデルのまばたき・リップシンク設定で、まばたきを
設定されているパラメータへ適用されます。
呼吸 自動でモデルに呼吸をさせます。
呼吸は、パラメータIDが「PARAM_BREATH」, 「ParamBreath」
のパラメータへ値を適用します。
カーソル追従の設定 カーソルを追従させたいパラメータに種別を設定します。
(X:横移動  Y:縦移動)

 

ヘルプ

項目 詳細
物理演算エディタについて 物理演算についてのマニュアル頁を開きます。
シーンブレンドについて シーンブレンドについてのマニュアル頁を開きます。

 

再生バーとビューエリア

シーンの再生

 

番号 項目 詳細
プレイリスト選択 シーンブレンド設定画面のメニュー項目になります。
シーン選択 プレイリストを再生します。
ビュー上のモデルをドラッグするとポインタを追従します。
※シーン再生中も動作します
再生 選択したシーンを再生します。
リピート チェックを入れると、シーンをリピート再生します。
連続再生 チェックを入れると、全シーンを連続再生します。
([ランダムポーズ] は除かれます)
フェード時間(ms)の調整  シーンの切り替え時、フェードさせる時間を設定します。(1000msで1秒)
フェード方式の選択  シーンの切り替え時の効果を「なし」か「リニア」、
「イージング (2.1方式)」で選択します。

 

POINT
UnityのMecanimではレイヤーという概念を使用して、モーションのフェードを含めた結果を更にブレンドできます。
Viewerでの再生結果は、Unityの仕組みを完全に再現するものではないため、再生結果が異なることがあります。

フェードについて:
3.0のエディタでは、フェードについて以下の仕様で確認できます。

【なし】フェードはせずに次のシーンへ遷移します
【リニア】Unityの用にシーンを再生した後、シーンのフェード時間の間、モデルの状態と次のシーンをブレンディングして遷移します。
【イージング (2.1方式)】Cubism 2.1のViewerの様にシーンを再生した後、シーンのフェード時間の間、モデルの状態と次のシーンをブレンディングして遷移します。

ブレンディングする際の重みにイージングが適用され、滑らかな印象で遷移します。
また、2017/11/28現在、シーン間のフェードについて、Unityではeasingのかかったモーションの遷移がサポートされていないため、
確認する際には注意が必要です。

※参考: Cubism Animator‎ > ‎TIPS‎ > ‎02. フェードについてもっと詳しく⇒ こちらから

 

カーソル追従機能

ビュー上のモデルをドラッグするとカーソルを追従します。(シーン再生中もリアルタイムに動作)
Space + 左クリックのドラッグでキャンバスの移動ができます。

TIPS
「カーソル追従の設定」から追従させる方向やパラメータを設定することができます。
(メインメニュー⇒プレビュー⇒カーソル追従の設定)

 

物理演算を有効にする

「物理演算を有効にする」のチェックを外すと物理演算設定が一時的にOFFになります。
物理演算設定エディタの詳細については「物理演算設定エディタについて」の頁をご参照ください。

 

シーン一覧

シーンブレンドのタブをクリックすると、シーンブレンドの設定画面に切り替わります。
そして、Animator上で作成したシーンは「シーン一覧」に表示されます。

「プレビューしているモデルを含むシーンのみ表示」にチェックをいれると、
ビューエリアに現在表示しているモデルデータを含んでいるシーンのみ表示されます。

 

シーングループとして、ブレンドしたシーンは名前の色が青に変わりシーン一覧に表示されます。
シーン一覧に表示されたシーングループは、プレイリストに登録することができるようになります。

選択したシーンやシーングループは「追加」ボタンをクリックし、プレイリストに追加します。

 

シーングループ

シーングループのタブをクリックすると「シーングループ一覧」が表示されます。
ここでは、シーンを複数選択し、種別や重みを調整しながら上書き加算を選択しブレンドを行います。

作成したシーングループはシーン一覧に青字で表示されますの、プレイリストに登録できるようになります。

TIPS
・シーングループにシーングループを追加することはできません。
・シーンをブレンドさせる場合、上から順に適用されていきます。

シーングループの設定方法

  1. シーングループを新規作成
  2. シーン一覧から「体の動き」と「表情」を選択して追加
  3. シーングループに追加されたシーン同士をブレンドさせる
  4. シーン一覧に「青字」でブレンドされたシーンが追加

 

 

 

リアルタイムにブレンド具合を確認

シーンを再生させながら、「重み」の数値部分をドラッグするとリアルタイムにブレンドの比率が変化していく様子を確認できます。
ビューを確認しながら最適な比率を設定しましょう。

プレイリスト

プレイリストのタブをクリックすると「プレイリスト一覧」が表示されます。
ここでは、再生したいシーンやシーングループを追加し、連続再生用のプレイリストを作成することができます。

作成したプレイリストはシーン再生バーにプレイリスト一覧として登録され、再生バーにあるプルダウンメニュー
から選択して再生させることが可能です。

 

 

プレイリストの設定方法

シーン一覧からシーンを選択追加し「プレイリスト」を作成すると、再生バーのプルダウンメニューに追加されます。

 

 

 

設定データの保存場所

カーソル追従の設定はモデルの情報としてcmo3へ保存されます。
プレイリスト・シーングループはcan3へ保存されます。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.