パラメータの操作を記録してアニメーションを生成

(2018/09/06 更新)

パラメータの操作を記録して自動でアニメーションを生成することができます。
(ランダムアニメーションでも手動のパラメータ操作でも記録されます)

 

パラメータ操作の記録方法について

①録画ボタン:
録画ボタンをクリックするとビュー内の右下に「Recording…」と表示され、その間に動かしたパラメータがキーフレームとして保存されます。

②録画設定:
アニメーション、モーションの作成方法を設定します。

新しいアニメーションデータを生成:
新しくcan3ファイルを作成します。

現在のアニメーションデータに追加:
現在紐づいているcan3ファイルにシーンを追加します。

 

録画ボタンをクリックし、パラメータを動かします。

 

録画ボタンを再度クリックすることで記録が止まり、設定通りにタイムライン上にキーフレームが出力されます。

 

設定で「現在のアニメーションデータに追加」を選択すると、現在紐づいているcan3ファイルにシーンを追加します。

 

 

ランダムポーズで自動キーフレーム生成

ランダムポーズで自動でモデルをモーションさせている時に、録画ボタンをクリックすると自動でキーフレームが生成されます。

Copyright © 2018 Live2D Inc.