PNGファイルの書き出し差し替え(β)

(2018/09/06 更新)

テクスチャアトラスの編集ではテクスチャをPNGファイルで書き出したり、差し替えを行うことができます。
Cubism2.1以前のcmoxファイルでPNGを読み込んで作成したデータでも、PNGファイルの差し替えを行うことができます。
※3.2.04の機能として実装されました。

 

テクスチャをPNGファイルで書き出し

テクスチャアトラス編集からテクスチャをPNGファイルとして書き出します。

テクスチャアトラス編集のアイコンをクリックします。

 

テクスチャアトラス編集画面になります。
PNGファイルとして書き出したいテクスチャを選択します。

 

ファイルメニュー ⇒ テクスチャ画像の書き出し(β)

 

テクスチャがPNGファイルとして書き出されます。

TIPS
PNGファイルで書き出したい場合は、テクスチャをロックする必要があります。(赤字でLockedの表示あり)
テクスチャがロックされていない状態でPNGファイルを書き出そうとすると、一度ロックがかかります。
その場合は、再度「テクスチャ画像の書き出し(β)」をクリックし、PNGファイルを書き出しましょう。

 

テクスチャをPNGファイルで差し替え

テクスチャアトラス編集からテクスチャをPNGファイルで差し替えることができます。

それでは、PNGファイルの差し替えでモデルの服の色を変更してみます。
前項で書き出したPNGファイル内のモデルの服の色を変更します。

Editorに移り、テクスチャアトラス編集画面で差し替えたいテクスチャのタブを選択します。

 

ファイルメニュー ⇒ テクスチャ画像の差し替え(β)

 

PNGファイルが差し替わりモデルの服の色が変わりました。

 

ただ、下のGifのようにまだテクスチャしか差し替わっていないため、更に原画に反映させる必要があります。
(モデル用画像は差し替え前の状態)

 

以下の手順で、原画に反映させます。
モデリングメニュー ⇒ テクスチャ ⇒ テクスチャアトラスから原画に反映(β)

プロジェクトパレットの「原画」に「テクスチャアトラス原画」が追加され反映されました。
これにより「テクスチャ画像の差し替え」を行ったデータに対してオブジェクトの再配置が可能になります。

POINT
こちらの機能はCubism3で作成したモデルでも使うことができますが、あくまでCubism2.0でPNGファイルでのテクスチャ差し替え
を行ったモデルファイルの救済策として、Cubism3でもPNGファイルでの差し替えが行えるように実装した機能になります。

Cubism3で色替えやテクスチャの差し替えを行いたい場合は、高機能版の「PSDの再インポート」のご使用をお勧めしています。

Copyright © 2018 Live2D Inc.