組み込み用データ

(2018/09/06 更新)
ここでは、ゲームなどの組み込み用モデルとモーションのファイルを出力する方法を説明します。

 

組込みデータの種類

組込み用のデータは「Modeler」「Animator」のそれぞれのファイルから下図のように出力されます。

 

拡張子 説明
1  .png テクスチャアトラスに設定された画像が書き出されます。
2  .moc3 アプリなどで使用するための Live2D モデルの実データです。
3  .model3.json model3.json は、JSON 形式で記載され、moc3 ファイルや、テクスチャファイルなどを結びつけるための情報が記載されています。SDKの sample1 や、AfterEffects プラグインのモデル指定時に、model3.json を使うことで自分でテクスチャファイルを指定する必要がなくなります。
4  .physics3.json 物理演算の設定値が記載されたデータです。
5  .userdata3.json ユーザデータの設定値が記載されたデータです。
6  .motion3.json Animatorで設定した各シーンのモーションデータが書き出されます。

 

組み込み用ファイルの書き出し

moc3ファイルの書き出し

書き出しを行う前に、必要なパーツを表示して、不要なパーツを非表示にしておいてください。

moc3ファイルを書き出す際は、初めに、テクスチャアトラスの編集を行います。
詳しくは「テクスチャアトラスの作成方法」をご覧ください。

 

 

テクスチャアトラスの編集が終わったら、書き出すモデルを表示した状態で
[ファイル]メニュー → [組込み用ファイル書き出し] → [moc3ファイル書き出し]
の順にクリックします。

 

[書き出し設定]ダイアログが表示されるので、各設定を確認し、[OK] をクリックします。
※書き出しターゲットは、[1/1]を選ぶとテクスチャを原寸のまま書き出せます。

[書出し設定]
書き出しバージョン 書き出しを行うSDKのバージョンを選択します。
非表示パーツを書き出し 非表示パーツを書き出します。
下絵パーツを書き出し 下絵パーツを書き出します。
※下絵パーツが非表示の場合は書き出されません。
非表示アートメッシュを
書き出し
非表示のアートメッシュを書き出します。
物理演算設定ファイル(physics3.json)を書き出す 物理演算設定ファイル(physics3.json)を書き出します。
ユーザデータファイル(userdata3.json)を書き出す ユーザデータファイルを(userdata3.json)書き出します。
モデルの中心X モデルの中心位置を設定します。
モデルの中心Y モデルの中心位置を設定します。
中心に設定 デフォルトの位置に戻します。
キャンバス幅(ユニット単位) ユニットに合わせたサイズを設定します。
キャンバス高さ(ユニット単位) ユニットに合わせたサイズを設定します。
pixelPerUnit キャンバスの幅と高さに合わせて自動で設定されます。
書き出しターゲット テクスチャのサイズ・ファイル名などを指定するためにターゲットを設定します。
書き出し種別 SDK用で書き出すか2次マ用で書き出すかを選択します。

 

mocファイル書き出し(2.1用)

モデリングビューを表示した状態で設定を行い、[OK]をクリックし実行します。

[書出し設定]
書き出しバージョン 書き出しを行うSDKのバージョンを選択します。
非表示パーツを書き出し 非表示パーツを書き出します。
下絵パーツを書き出し 下絵パーツを書き出します。
テクスチャに色モレ防止処理を適用する 自動的にゴミ取りをテクスチャに適用して書き出します。
モデル設定ファイル(model.json)を書き出す  Live2D Viewer の設定ファイルを書き出します。
書き出し後に Live2D Viewer で開く  書き出し後、Live2D Viewerでモデルを開きます。
書き出しターゲット テクスチャのサイズ・ファイル名などを指定するためにターゲットを設定します。

モーションファイル書き出し

アニメーションファイルを選択した状態で設定を行い、[OK]をクリックし実行します。
.motion3.jsonファイルとして書き出されます。

POINT
モデルデータを選択している状態ではモーションを書き出すことができません。
書き出すアニメーションデータもしくはアニメーションシーンを選択した状態で書き出しを行います。

 

[モーションデータ設定]
書き出しシーン設定 ※2 以下のチェックボタンで書き出すシーンを選択します
書き出し対象 以下のプルダウンメニューで書き出す要素(モデル・パラメータ・パーツ表示切替)を設定します
モデル 書き出すモデルを選択します。(⑭)
パラメータ ※4 書き出すパラメータを選択します。
パーツ表示切替 ※5 書き出すパラメータの表示切替を選択します。
不透明度 ※6 書き出す不透明度を選択します。
リップシンク 書き出すリップシンク設定を選択します。
まばたき 書き出すまばたき設定を選択します。
ユーザデータを書き出し ユーザデータを書き出します。
2.1形式(mtn)として書き出し※3 2.1形式(mtnファイル)として書き出します。

 

※2 書き出しシーン設定
全シーンを出力 すべてのシーンを書き出します。
選択中のシーンを出力 選択中のシーンを書き出します。
 ワークエリアを出力 ワークエリアのみを書き出します。

 

※3 2.1形式(mtn)として書き出し
位置を書き出し 位置を書き出します。
拡大縮小を書き出し 拡大縮小を書き出します。

 

※4 書き出し対象 ⑮
A 全てのパラメータ すべてのパラメータを書き出します。
B 変化のあるパラメータ 変化のあるパラメータを書き出します。
C キーのあるパラメータ キーのあるパラメータを書き出します。
D シャイではないパラメータ シャイではないパラメータを書き出します。
E 書き出さない パラメータを書き出しません。

 

※5 書き出し対象 ⑯
A 全てのパーツ すべてのパーツを書き出します。
B 変化のあるパーツ 変化のあるパーツを書き出します。
C キーのあるパーツ キーのあるパーツを書き出します。
D シャイではないパーツ シャイではないパーツを書き出します。
E 書き出さない パーツを書き出しません。

 

※6 書き出し対象 ⑰
A 書き出す すべての不透明度を書き出します。
B キーがある場合のみ キーがある場合のみ不透明度を書き出します。
C 書き出さない 不透明度を書き出しません。

 

※6 書き出し対象 ⑱
A 書き出す すべてのリップシンク設定を書き出します。
B キーがある場合のみ キーがある場合のみリップシンク設定を書き出します。
C 書き出さない リップシンク設定を書き出しません。

 

※6 書き出し対象 ⑲
A 書き出す すべてのまばたき設定を書き出します。
B キーがある場合のみ キーがある場合のみまばたき設定を書き出します。
C 書き出さない まばたき設定を書き出しません。

 

 

組み込み用ファイルの読み込み

組み込み用に書き出したモーションファイルは再度Animatorに読み込むことができます。

 

読み込み方法:

  1. シーンを選択
  2. モーションを読み込ませたいモデルのトラック名(①)の部分で右クリック
  3. モーション読み込み(②)をクリック
  4. 対象のmotion3.jsonファイルを選択

※モーション読み込み時、時間がかかる場合があります。

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.