パラメータの編集

パラメータ編集では、オブジェクトの動きをどのパラメータに紐づけて制御するかを設定します。
パラメータ編集はパラメータパレットのアイコン、パラメータのスライダー横でポップアップするアイコン、[パラメータ編集]ダイアログから行えます。

 

キーの簡易挿入

パラメータを設定したいオブジェクト(アートメッシュかデフォーマ)を選択します。
ここではキーの3点追加を例として、左まゆ毛のアートメッシュをクリックして選択します。

 

選択できたら、[パラメータ]パレットにある「左眉 変形」をクリックして選択し、[キーの3点追加]ボタンをクリックします。

 

パラメータパレットの「左眉 変形」の欄に緑の点が3つ表示されます。
この緑の点がパラメータのキー値を表しています。

TIPS
ここでは[キーの3点追加]を例に挙げましたが、2点を追加する場合は同様に選択を行い[キーの2点追加]をクリックします。

 

ダイアログでの一括キーフォーム編集

パラメータを設定したいオブジェクト(アートメッシュかデフォーマ)を選択します。
ここでは例として、左まゆ毛のアートメッシュをクリックして選択します。

 

選択できたら、[パラメータ]パレットにある「左眉 変形」をクリックして選択し、[キーの手動編集]アイコンをクリックします。

 

「キーフォーム編集画面」が「左眉 変形」になっていることを確認します。

目盛りにパラメータのキー値を設定します。
ここでは「-1.0」、「0」、「1.0」と設定したいので、目盛りのそれぞれの値の場所をクリックするか、
[キーの3点追加]ボタンをクリックします。

 

3点挿入できたら[OK]ボタンをクリックして終了します。

パラメータパレットの「左眉 変形」の欄に緑の点が3つ表示されます。
この緑の点がパラメータのキー値を表しています。

スライダー内でのキーフォーム編集

パラメータを設定したいオブジェクトを選択します。
ここでは例として、先程と同じく「左まゆ毛」のアートメッシュをクリックして選択します。

 

パラメータパレットの「左眉 変形」の右にあるスライダーをクリックします。

スライダーの右となりにある数値をクリックして値を入力することでも、スライダーの現在地を移動させることができます。
(数値位置をドラッグすることでも、現在地を移動させることができます)

まず、数値部分に「1」の値を入力し、「1」へ移動します。
こうすると、下の画像のように「左眉 変形」のパラメータスライダーの右端(1の位置)に現在地の黒丸が移動します。
挿入/削除のアイコンがポップアップするので、「+」マークのある挿入アイコンをクリックし、現在地へキーフォームを設定します。
これで、「1」の位置にキー値が設定されます。

 

同じようにして、「-1」「0」の位置にもキーフォームを追加します。
(逆に「-」マークの削除アイコンでパラメータのキー値を解除することができます)

TIPS
パラメータスライダー上をクリックした状態でキーフォームを作成してしまうと、小数点以下が割り切れていないポイントに
キーフォームが打たれてしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

キーフォームの削除

選択したオブジェクトに設定したキーフォームを削除する方法は二種類あります。

 

すべてのキーフォームを削除する場合

  1. キーフォームを削除したいオブジェクトを選択します。
  2. 削除するパラメータを選択します。
  3. [全てのキーを削除]ボタンをクリックします。
  4. 選択しているオブジェクトに設定されているパラメータがすべて削除されました。
  5. キーフォーム編集ダイアログでもパラメータパレットと同様の手順でパラメータの削除を行うことができます。
  6. オブジェクトを選択し、削除したいパラメータ名をダブルクリックするとキーフォーム編集ダイアログが開きます。
  7. [全てのキーを削除]ボタンをクリックします。

TIPS
選択しているパラメータのみが削除されます。
同じオブジェクトに複数のパラメータを設定している場合には、他のパラメータも同様の手順で削除します。
また、複数のオブジェクトを一つのパラメータで制御している場合も、削除されるのは選択しているオブジェクトのパラメータのみです。
他のオブジェクトのパラメータも削除する場合にはそれぞれのオブジェクトを選択して削除を行います。

 

一つずつキーフォームを削除する場合

  1. キーフォームを一つずつ削除したい場合にはキーフォームを削除したいオブジェクトを選択します。
  2. 削除したいキーフォームを右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. [キーの削除]ボタンをクリックすると、キーフォームが削除されます。

 

Copyright © 2018 Live2D Inc.